closed circuit, monthly vol.07

installation views

2012年11月より2013年10月まで1年間、毎月全て新作による連続展”closed circuit, monthly”の第7回。会場は雑居ビルの事務所スペースをそのまま使用しているため奥の壁面は全面窓、シンクはむき出し、壁面はコンクリートに塗装、部屋の形状は台形という展示を行うには不自由な空間となっている。

600mm x 1,800mmのロール紙を2枚1組にした1,200mm x 1,800mmのイメージ6点と、120mm x 180mmのプリント80点で構成。ロール紙は天井に張ったワイヤーからクリップで固定して吊り下げ、下部はウェイトを使用してプリントの平滑性を出している。プリントは強い光沢を出すためPET紙を使用してインクジェット方式で出力。

ロール紙は部屋の左側が正面になるように2枚ずつ3列で配置している。写真は入り口から右側と2列目のロール紙を撮影。左壁面に平行にイメージを配置しているため部屋を入ると奥の窓が見える。

会場右手前から手前側のロール紙3枚を撮影。画面左が入り口。

入り口右側に120mm x 180mmのプリントを縦横混在させて両面テープでグリッド状に貼付している。

窓側からロール紙越しに撮影。

closed circuit, monthly vol.07

SOLO EXHIBITION
WORKS TOP